ヒーローの成長ステップ〜 型 〜

ヒーローについて

こんにちは、ヒーロークリエイターの二階堂真悟です。
僕は「ヒーロー」をテーマに、仕事や活動をしています。
前回は「ヒーローの成長ステップのはじまりは『他者によって旅立たせられる』」とお話ししました。
自分が意図していた方向でも、そうじゃなくても。
旅立たせられてしまった人は、その後どうなってしまうんでしょう?
「やっぱり、嫌だっ!」
と逃げ出す可能性もありますね。
大方は、その旅立った場に、先生や先輩、師匠のような人物がいます。
・スターウォーズで言えば、「ヨーダ」
・セーラームーンで言えば、黒猫の「ルナ」や白猫の「アルテミス」
・魔神英雄伝ワタルで言えば、「シバラク先生」
そして、
望む、望まないに関わらず、大抵は教えられた通りにやることになります。
そう、ヒーローへの次なる成長ステップは、いわゆる
「型」通りに、実践しながら学ぶこと
なのです。
上の3作品の例は「率先して教えを乞うた。」と言う訳ではないようです。
新入社員の方は研修や、先輩方から教えられるままに仕事をします。
僕も高校卒業して、すぐに郵便局に入社したので研修所での訓練を受けました。
内容によっては、渋々、取り組まざるを得なかったりします。
そうなった時、まずは教えられた通り「型」に沿ってやってみましょう!
ぎこちないのは当たり前
千里の道も一歩から
です。
そうやって、「型」を学んでいくと…
続きは、また次回お話しさせてくださいね。
明日も、ブラウザの前で僕と握手!

関連記事一覧